iPhone通話の故障について!気付いたら早めに修理へ出しましょう

電波のせいではない?iPhone通話が故障と感じたら、早めに修理してもらいましょう。 - 電波のせいではない?あなたの通話が途切れるのはiPhoneの故障が原因

アーカイブ

iPhone修理情報

更新情報

電波のせいではない?あなたの通話が途切れるのはiPhoneの故障が原因

あなたはよく通話をしていて電波状況はいいはずなのに、音が途切れたり通話がしにくかったりすることはありませんか。
自分の電波がよくても相手の電波が悪い場合もあるので、一概に故障だと判断するのは難しいかもしれませんが、よく電波障害のような途切れ方をするようであれば、それはもしかしたら通話機能に問題があるのかしれません。
今回はそんな故障かどうか気付きにくい、通話の故障について紹介します。
utdyt

電話機能を頻繁に使う人に起こりやすい

電話をよく使う人は、その回数も多いことから雑音が入ったり、通話が途中で切れてしまうことも日常のワンシーンのようによくあることと思います。
しかし、いつものことだと思って、気付くことが遅れ、かなり深刻なレベルになるまで放置してしまう人が多いようです。
もし自分が頻繁に通話機能を使っており、電波障害のようなことが頻繁に起こっているのであれば、それは一度故障かどうかメーカーに見てもらうことをお勧めします。

通話中の音が小さかったり、調整ができない

通話機能が故障すると、音量の調整ができなかったり聞こえなくなったりしてくるため、音に異変がったらそれは通話機能の故障の前兆です。
一週間以上この症状が続いていたり、通話中雑音や甲高い音で通話に支障が出ることがある場合には、壊れる一歩手前まで来ているので、すぐに修理または問い合わせをするようにしましょう。
ergrea
あなたのiPhoneがもしこのような通話状態になってしまっているのであれば、ほぼ間違いなく通話機能の故障なので、すぐにiPhone修理に出しましょう。
きっとただの通信障害だと勘違いして、致命的な状態になってからでは遅いので、異変を感じたら早めにメーカーへ相談して、早期解決することが大切です。
私たちの生活に欠かすことができないiPhone。
しかし様々なシーンで利用することで、液体の中に落としてしまったり、液体をかけてしまうこともしばしば。
そんな時に間違えた対処法をしないためにも、正しい応急処置法を覚えておきましょう。

電源は入れない!切らない!

水漏れまたは水没した際、故障していないのかを確認するために、電源を入れてみようとするのは止めて下さい。
また電源が入っている場合には、絶対にスイッチを切らないで下さい。

電源をオンにする場合も、オフにする場合も、スイッチボタンを押すことで、わずかな電流が流れます。
そのため基盤をショートさせる可能性があるため、電源は触らないことが賢明です。

無理矢理に乾かそうとしない!

ドライヤーなどで無理矢理に乾燥させてはいけません。
もちろん水を飛ばそうと、本体を振ってしまう行為も危険です。

風を当てたり、本体を振ってしまうことで、侵入していた液体が全体に広がってしまいます。
特にiPhone5以降は、本体がトレー状になっており、侵入した液体は抜けません。
応急処置だと思ってやってしまうことが、余計なダメージを与えてしまいます。

自然乾燥で直った!のは気のせい

たとえ水分を乾燥させても、液体に含まれているミネラル分などの不純物は残ってしまいます。
その後、問題なく起動・操作ができていたとしても後々、不具合が発生する可能性が高くなります。

水漏れ程度だったから乾燥剤で大丈夫だという自己診断は危険です。
水漏れは程度によらず、すぐに修理業者に持ち込むことで、寿命を縮めず長く使用できます。

水漏れによる修理は、本体の交換となるケースが多くなります。
水漏れ後の復旧は、いかに素早くバッテリーを外して、基盤洗浄ができるのかにかかっています。

Copyright(C)2015iPhone通話の故障について!気付いたら早めに修理へ出しましょうAll Rights Reserved.